CREST│生物ロコモーションに学ぶ大自由度システム制御の新展開

HOME > 研究成果・発表等 > 研究成果 国際学会及び主要な国内学会発表

タイトル

研究成果 国際学会及び主要な国内学会発表

平成24年度

【招待講演】


小林 亮 : 「計算するアメーバの不思議」、日本機械学会 第22回設計工学・システム部門講演会、広島大学 (2012-09-27)

小林 亮 : 「粘菌の行動知に学ぶ」、第56回システム制御情報学会研究発表講演会、京都テルサ (2012-05-22)

小林 亮 : 「適応的ネットワーク形成の数理モデル」、研究集会:ネットワーク構造と生命現象、JR博多シティ (2012-11-3)

小林 亮 : “Towards understanding the locomotion of animals by limbless crawling”, 第50回日本生物物理学会年会, 名古屋大学 (2012-09-12)

中垣俊之:北海道教育大学理科プロジェクトシンポジウム「単細胞生物粘菌の不思議ー身近な科学フロンティアー」、北海道教育大学サテライトオフィス (2012-12-15)

中垣俊之:広島大学生物圏科学研究科院生会セミナー「粘菌の鉄道輸送網設計ー生物の適応的形態形成ー」、広島大学生物圏科学研究科 (2012-11-26)

中垣俊之:帝京大学主催とちぎサイエンスらいおん発足記念公開シンポジウム「粘菌に学ぶネットワークと情報処理」、帝京大学宇都宮キャンパス (2012-11-23)

中垣俊之:慶応大学医学部 先端研究施設共用促進事業講演会「粘菌による輸送ネットワークの適応的デザイン」、慶応大学医学部 (2012-10-22)

中垣俊之:情報処理学会 数理モデル化と問題解決研究会 特別講演「アメーバの問題解決ー行動知の数理モデリングー」、小樽市経済センターホール、 (2012-09-19)

中垣俊之:埼玉大学脳科学研究センター講演会「粘菌のエソロジーとダイナミクス」、埼玉大学、 (2012-09-12)

中垣俊之:第15回病院脳神経外科学会、文化講演「迷路を解く粘菌の不思議」、函館国際ホテル (2012-07-14)

中垣俊之:第30回日本心理生理学会大会、特別講演「アメーバの心理生理学に向けて」、北海道大学 (2012-05-2/3)

中垣俊之:群馬高専生物教育研究連携センター講演会「アメーバに学ぶ形づくりと情報処理ー身近な科学フロンティアー」、群馬高専 (2012-12-17)

中垣俊之:札幌啓成高校スーパーサイエンスハイスクール講演会「科学の奥深さと面白さー粘菌研究の経験からー」、北海道札幌啓成高校 (2012-12-06)

中垣俊之:(株)3D Matrix社社内セミナー「単細胞の賢さを探る」、東京麹町(株)3D Matrix社本社 (2012-11-22)

中垣俊之:函館キャンパスコンソーシアム 函館学2012「複雑系知能学への招待ー函館みらい大学の研究現場からー」、函館市法華クラブホテル (2012-10-20)

中垣俊之:大阪大学生命機能研究科セミナー「蠕動的這行運動のバイオメカニクス」、大阪大学生命機能研究科 (2012-10-18)

中垣俊之:福井県立高志高校スーパーサイエンスハイスクール講演会「迷路を解く粘菌の不思議」、福井県立高志高校 (2012-09-24)

中垣俊之:北海道渡島支庁小中学校校長会研修会講演「不思議生物粘菌の賢さを探る」、函館市渡島支庁(2012-09-03)

中垣俊之:公立はこだて未来大学特別講演会 自己言及的鼎談「文学と科学のはざまで」、芥川賞作家円城塔氏/学長中島秀之/中垣俊之、公立はこだて未来大学(2012-06-21)

中垣俊之:「原始生命体である粘菌の賢さを探る」、函館高齢者大学、函館市公民館 (2012-05-30)

Ryo Kobayashi : “Locomotion of Animals, Design of Robots and Mathematics”, Special symposium on “Physics of non-linear, non-equilibrium, and non- conventional matter: From polymers to active soft matter”, Kyoto University (2013-02-17)

Ryo Kobayashi : “Locomotion of Animals, Design of Robots and Mathematics”, Gordon Research Conference, "Oscillations & Dynamic Instabilities in Chemical Systems" , Colby College, Waterville, USA (2012-07-20)

Kentaro Ito, "Analysis of Spontaneous Pattern Switching of Fluid-Mass-Conserving Coupled Oscillatory Cylinder Model Inspired by True Slime Mold", Tongi University Symposium, (2013-3-26).

Toshiyuki Nakagaki : "Computational ability of cells based on cell dynamics and adaptability", Vienna Biocenter PhD Symposium 2012 -BIOMIMETICS inspired by nature -, Vienna Biocenter, Austria(2012-11-8/9)

Toshiyuki Nakagaki : "Ethology and rheology of an amoeboid cell", The 16th Conference on Miniatuarized Systems for Chemistry and Life Sciences, Okinawa Convention Center, Japan (2012-10-28/11-1), plenary talk

Toshiyuki Nakagaki : "Exploring ethology of an amoeba by means of mathematical logic", Nonlinear Partial Differential Equations: Theory and Applications to Complex Systems, An International Conference in honor of Hiroshi Matano, Institut des Hautes Etude Scientifiques, Gif-sur-Yvette, France (2012-6-25/28)

Toshiyuki Nakagaki : "Adaptive design of multi-functional network in a primitive organism", 12th Experimental Chaos and Complexity Conference, University of Michigan, USA (2012-5-16/19)

Toshiyuki Nakagaki : "Ethology and Dynamics of a Huge Amoeba", The International Symposium on Self-organization and Emergent Dynamics in Active Soft Matter, Yukawa Institute for Theoretical Physics, Kyoto Univerity, Japan(2013-2-18/20)

Dai Owaki, The role of passive properties in producing adaptive motion in robotic and biological systems, 6th International Symposium on Adaptive Motion on Animals and Machines (AMAM2013), Darmstadt, Germany, 2013. 3. 14

 

【一般講演】
 

伊藤賢太郎 : 「振動子に駆動されるシリンダー結合系に現れるパターン遷移」, 日本物理学会秋季大会, 2013年9月.

岩本 真裕子 : 「腹足類の這行運動メカニズムにおける粘液の効果」、第22回日本数理生物学会大会、岡山大学 (2012-09-12)

岩本真裕子 : "腹足類の這行運動における粘液効果", N.L.P.M.サマーセミナー,岬の宿 高砂(三重県鳥羽市),2012年8月11日.

岩本真裕子 : 「粘液を利用した腹足類這行運動メカニズム」, RIMS研究集会 第9回「生物数学の理論とその応用」, 京都大学,2012年11月16日.

風間 俊哉 : 「ヒラムシに着想を得た流体センシングと運動との相互フィードバック機構を持つ自律遊泳型ソフトロボットの構築」、第25回 自律分散システム・シンポジウム、東北大学 (2013-01-26)

砂田 靖志 :「視界情報を用いた直感的ヘビロボット操縦システムの構築」、第25回 自律分散システム・シンポジウム、東北大学 (2013-01-25)

出井遼, 質的に異なる振る舞いを状況依存的に発現可能なアメーバ様ロボットの自律分散制御,第30回日本ロボット学会学術講演会,札幌コンベンションセンター,2012. 9. 17

鈴木翔太,身体構造に応じた振る舞いを自己組織的に発現するクモヒトデの腕内協調メカニズム,第30回日本ロボット学会学術講演会,札幌コンベンションセンター,2012. 9. 17

渡辺裕喜,「這う」「泳ぐ」「飛ぶ」が可能なMulti-terrestrial Robot の実現を目指して-環境を活用して推進する自律分散型シートロボットの実機開発-,第30回日本ロボット学会学術講演会,札幌コンベンションセンター,2012. 9. 17

福田裕樹,ミニマリストなCPGモデルから探る二脚ロコモーションに内在する脚間協調と脚内協調の発現機序,第30回日本ロボット学会学術講演会,札幌コンベンションセンター,2012. 9. 19

森川玲於奈,身体の力学的特性に応じた歩容生成を可能とするCPGモデル〜トロット歩容とペース歩容の排他的発現の実験的検証〜,第30回日本ロボット学会学術講演会,札幌コンベンションセンター,2012. 9. 19

鈴木翔太,クモヒトデのロコモーションから学ぶ大自由度系の自律分散制御 ~上位神経系の介在を考慮した腕内協調のモデル化~,SI2012,福岡国際会議場,2012. 12. 18

出井遼,真正粘菌変形体に着想を得た多様な振る舞いを示す静水力学的骨格ロボットの実機実現,SI2012,福岡国際会議場,2012. 12. 18

加納剛史,ヘビの「歩容」遷移メカニズム,第25回自律分散シンポジウム,東北大学,2013. 1. 25

佐藤貴英,不整地走破が可能な大自由度ヘビ型ロボットの実機実現,第25回自律分散シンポジウム,東北大学,2013. 1. 25

伊藤賢太郎,真正粘菌に着想を得た流体質量保存結合振動子系における自発的パターン間遷移の解析,第25回自律分散シンポジウム,東北大学,2013. 1. 25

出井遼,仮足を出し入れして環境に適応する超軟性アメーバ様ロボット,第25回自律分散シンポジウム,東北大学,2013. 1. 26

Kentaro Ito, "Coupled oscillatory cylinder model for Physarum oscillation", Two-day workshop on Ethology and Rheology of Physarum and Its Related Topics, Hakodate, 2013-7

R. Kobayashi: “Intuitive navigation of snake-like robot with autonomous decentralized control”, Living Machines 2012, Barcellona, Spain (2012-07)

Takeshi Kano, SheetBot: Two-dimensional Sheet-like Robot As a Tool for Constructing Universal Decentralized Control Systems, ICRA2012, St. Paul, Minesota, USA, 2012. 5. 17

Dai Owaki, Minimalist CPG Model for Inter- and Intra-limb Coordination in Bipedal Locomotion, IAS-12, Jeju, Korea, 2012. 6. 29

Takuya Umedachi, A True-Slime-Molde-Inspired Fluid-Filled Robot Exhibiting Versatile Behavior, Living Machine 2012, 2012. 7. 12

Takeshi Kano, SheetBot: A Magic Carpet That Enables Scaffold-based Locomotion, IROS2012, Vilamora, Portugal, 2012. 10. 8

Takahide Sato, Snake-like Robot Driven by Decentralized Control Scheme for Scaffold-based Locomotion, IROS2012, Vilamora, Portugal, 2012. 10. 8

Dai Owaki, Listen to Body's Message: Quadruped Robot That Fully Exploits Physical Interaction between Legs, IROS2012, Vilamora, Portugal, 2012. 10. 9

Dai Owaki, Adaptive Bipedal Walking through Sensory-motor Coordination Yielded from Soft Deformable Feet, IROS2012, Vilamora, Portugal, 2012. 10. 9

Takeshi Kano, Reconsidering Inter- and Intra-limb Coordination Mechanisms in Quadruped Locomotion, IROS2012, Vilamora, Portugal, 2012. 10. 10

 

 

【ポスター発表】


 岩本真裕子 : "The Advantage of Mucus for Crawling Locomotion in Gastropod", 広島大学大学院理学研究科数理分子生命理学専攻第4回公開シンポジウム「数理生命科学の新展開ー階層間で干渉しあう形・動き・機能ー」, 広島大学,2012.9.6.

岩本真裕子 : "腹足類の這行運動メカニズムにおける粘液の摩擦制御効果", 2012年度日本応用数理学会年会, 稚内全日空ホテル,2012.8.30.

伊藤賢太郎 : ”内部流体を介して相互作用するモジュール結合系における 自発的振動パターン間遷移”,  広島大学大学院理学研究科 数理分子生命理学専攻第4回公開シンポジウム, 2012-9-6.

伊藤賢太郎 : ”粘菌の振動パターン間遷移を説明するためのシリンダー結合モデル”, 第22回日本数理生物学会年会,2012-9-10.

砂田 靖志 : 「視界共有に着目した直感的ヘビロボット操縦システムの構築」、第22回日本数理生物学会大会、岡山大学 (2012-09-10)

小松 雄一 : 「ヒラムシ這行メカニズムの数理解析」、第22回日本数理生物学会大会、岡山大学 (2012-09-10)

出井遼,真正粘菌変形体に着想を得た多様な振る舞いを示す大自由度モジュラーロボット,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会(ROBOMEC2012),アクトシティ浜松,2012. 5. 29

石黒章夫,柔軟な身体から生みだされる表在感覚情報を活用したミミズ型ロボットの自律分散制御,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会(ROBOMEC2012),アクトシティ浜松,2012. 5. 29

加納剛史,非構造環境下での這行が可能な自律分散型ヘビロボット 〜数理モデリング〜,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会(ROBOMEC2012),アクトシティ浜松,2012. 5. 29

平井明礼,非構造環境下での這行が可能な自律分散型ヘビロボット — 実機開発 —,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会(ROBOMEC2012),アクトシティ浜松,2012. 5. 29

渡辺裕喜,環境を活用して推進する自律分散型二次元シートロボット,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会(ROBOMEC2012),アクトシティ浜松,2012. 5. 29

鈴木翔太,クモヒトデに学ぶ大自由度ソフトロボットの自律分散制御,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会(ROBOMEC2012),アクトシティ浜松,2012. 5. 29

佐藤貴英,意地でも自律分散制御にこだわってヘビ型ロボットの制御則を考える 変分原理と反応拡散方程式に基づいた制御則設計,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会(ROBOMEC2012),アクトシティ浜松,2012. 5. 29

福田裕樹,足部の表在感覚情報をCPG制御に活用した適応的二脚歩行の実験的検証,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会(ROBOMEC2012),アクトシティ浜松,2012. 5. 29

森川玲於奈,脚間の力学的相互作用を活用したCPG制御に基づく四脚歩容遷移の実験的検証,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会(ROBOMEC2012),アクトシティ浜松,2012. 5. 29

大脇大,脚間協調と脚内協調の有機的整合が可能なCPGに基づく四脚ロコモーション制御,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会(ROBOMEC2012),アクトシティ浜松,2012. 5. 29

出井遼,質的に異なる振る舞いを状況依存的に発現するアメーバ様ロボット,第10回ECSRA研究会,東京大学,2012. 8. 6

鈴木翔太,身体構造に応じた振る舞いを自己組織的に発現するクモヒトデの腕内協調メカニズム,第10回ECSRA研究会,東京大学,2012. 8. 6

渡辺裕喜,環境を活用して推進する自律分散型シートロボット,第10回ECSRA研究会,東京大学,2012. 8. 6

森川玲於奈,身体の力学的特性に応じた歩容生成を可能とするCPGモデル〜四脚歩容遷移の実験的検証〜,第10回ECSRA研究会,東京大学,2012. 8. 6

Mayuko Iwamoto : “Crawling Locomotion; the Advantage of Mucus”, Gordon Research Conferences "Oscillations & Dynamic Instabilities in Chemical Systems",  Colby College,2012.7.16-17

Dai Owaki, Soft Deformable Feet Yield Sensory-motor Coordination for Adaptive Bipedal Walking, Dynamic Walking 2012, Pensacola, Florida, USA, 2012. 5. 22

Dai Owaki, Gait Transition of Quadruped Robot without interlimb neural connections, Dynamic Walking 2012, Pensacola, Florida, USA, 2012. 5. 23

Akio Ishiguro, Decentralized Control Scheme That Enables Scaffold-Based Peristaltic Locomotion, LivingMachine 2012, Barcelona, Spain, 2012. 7. 10

Takahide Sato, A Soft-Bodied Snake-Like Robot That Can Move on Unstructured Terrain, LivingMachine 2012, Barcelona, Spain, 2012. 7. 10

Yasushi Sunada, Intuitive Navigation of Snake-Like Robot with Autonomous Decentralized Control, LivingMachine 2012, Barcelona, Spain, 2012. 7. 11

Takeshi Kano, Autonomous Decentralized Control Mechanism in Resilient Ophiuroid Locomotion, LivingMachine 2012, Barcelona, Spain, 2012. 7. 11

Takeshi Kano, From Walk to Trot to Bound: Quadruped Gait Transition Induced by Simple Local Force Feedback Mechanism, AMAM2013, Darmstadt, Germany, 2013. 3. 11

Takeshi Kano, Development of sheet-like robot for multi-terrestrial locomotion, AMAM2013, Darmstadt, Germany, 2013. 3. 11

Takeshi Kano, Toward realization of resilient locomotion: Lessons from the locomotion of arm-amputated ophiuroids, AMAM2013, Darmstadt, Germany, 2013. 3. 11

Takuya Umedachi, True-slime-mold-inspired hydrostatic-skeletal amoeboid aobot driven by fully decentralized control, AMAM2013, Darmstadt, Germany, 2013. 3. 11

Akio Ishiguro, Toward unified understanding of inter-limb coordination mechanism underlying multi-legged locomotion, AMAM2013, Darmstadt, Germany, 2013. 3. 11