CREST│生物ロコモーションに学ぶ大自由度システム制御の新展開

HOME > 研究成果・発表等 > 研究成果 その他著作物(総説、書籍等)

タイトル

研究成果 その他著作物(総説、書籍等)

【詳細情報】

1.  T. Nakagaki, A. Tero, R. Kobayashi, Isamu Onishi, Tomoyuki Miyaji: "Computational ability of cells based on cell dynamics and adaptability", New Generation Computing, Ohmsha-Springer, 27(1) : 57-81 (2008)

 

2.  小林 亮 : 「フェーズフィールドモデル」、シリーズ 数理生物学要論 巻2 「空間」の数理生物学、共立出版、第10章を分担執筆 : 167-180 (2009)

 

3.  石黒章夫:モジュラーロボットの自律分散制御 ~「三人寄れば文殊の知恵」的な知能はいかにして実現できるのか~、機械の研究,養賢堂,61-7(2009),669-675

 

4.  石黒章夫,清水正宏:自然で無理のない形態変形から生み出される適応的運動機能
計測と制御, 48-9(2009),705-710

 

5.  石黒章夫,清水正宏:自然で無理のない形態変形から生み出される適応的運動機能
計測と制御, 48-9(2009),705-710

 

6.  大須賀公一,石黒章夫:受動的ロコモーションに埋め込まれた適応機能
計測と制御, 48-9(2009),711-717

 

7.  中垣俊之:“イグノーベル賞授賞式顛末記”、Journal of English Teaching UNICORN JOURNAL、NO. 69, 31-33 (2009)

 

8.  中垣俊之:“「薬学」から粘菌の「迷路解き」へ”、ファルマシア、Vol. 45, 547-552 (2009)

 

9.  中垣俊之:“かしこい粘菌の話”、朝日小学生新聞、6/6より週一回計8回連載 (2009)

 

10.  中垣俊之:“単細胞生物研究に見る北海道の「開拓者精神」”、月刊クオリティ姉妹誌うおんつ、Vol. 79, 1-20 (2009)

 

11.  M. D. Fricker, L. Boddy, T. Nakagaki, D. Bebber: “Adaptive biological networks” in [Adaptive Networks: Theory, Modelsand Applications] edited by T. Gross and H. Sayama, pp. 51-70, Springer Verlag (2009)

 

12.  中垣俊之、手老篤史、小林亮:”適応ダイナミクスに基づく細胞計算能力”、第54回物性若手夏の学校講義ノート、物性研究、Vol. 93(6), 911-934 (2010 Mar)

 

13.  中垣俊之、「粘菌―その驚くべき知性―」PHPサイエンスワールド新書 (2010-4) 1-198. PHP研究所

 

14.  R. Pfeifer, J. Bongard著(細田 耕,石黒章夫訳):「知能の原理 -身体性に基づく構成論的アプローチ-」, 共立出版, (2010)

 

15.  淺間一,矢野雅文,石黒章夫,大須賀公一 編著:「移動知 -適応行動生成のメカニズム-(シリーズ移動知第1巻)」,オーム社,(2010)

 

16.  中垣俊之: “粘菌の記憶と迷いのエソロジカルダイナミクス” 京都大学数理解析研究所講究録 NO.1704 第6回生物数学の理論とその応用 (2010-8) 165-171.

 

17.  小林 亮 : 「フェーズフィールド法のおもしろさ」, 計算工学, 15(2) : 2287-2290 (2010)

 

18.  R. Kobayashi : “A brief introduction to phase field method”, AIP Conf. Proc. , 1270 : 282-291 (2010)

 

19.  “Foraging behaviors and potential computational ability of problem-solving in an amoeba”, Proceedings in Information andCommunications Technology (PICT2) Natural Computing, Proceedings of the 4th Int. Workshop on Natural Computing, Ed. by F. Pepper, H. Umeo, N. Matsui, T. Isokawa, Springer, 42-54 (2010)

 

20.  Y. Tanaka, T. Nakagaki: “Cellular computation realizing intelligence of slime mold Physarum polycephalum”, Journal of Computational and Theoretical Nanoscience, Vol. 8, 383-390 (2011-March).DOI: 10.1166/jctn.2011.1702

 

21.  高木清二、中垣俊之: “真正粘菌による自己組織的な鉄道網設計”, 現代化学, NO. 477, 48-51(2010年12月)

 

22.  中垣俊之:"単細胞生物粘菌の「賢さ」を探る", 科研費NEWS, 2010年度VOL.4, p.13 (2010)

 

23.  T. Nakagaki: "The interconnected network of tubes constructed by a planar biological network of plasmodial slime mold",J. Phys. Soc. Jpn. 80 (2011) 074801

 

24.  小林亮、中垣俊之 “真正粘菌の運動と知性” [理論生物学(望月敦編著)], 共立出版 (2011)

 

25.  中垣俊之:"単細胞(原始生命体)に学ぶ生命知のからくり", 東洋学術研究, Vol. 50(1), 165-193 (2011)


26.  Kentaro Ito, Anders Johansson, Toshiyuki Nakagaki, Atsushi Tero : Convergence properties for the Physarum solver, arXiv:1101.5249v1[math.OC] 27 Jan (2011)

 

27.  伊藤賢太郎、中垣俊之:"粘菌ネットワークの賢さ"、生物物理, Vol. 51(4), 178-181 (2011)

 

28.  中垣俊之、小林亮:"原生生物粘菌による組み合わせ最適化法ー物理現象として見た行動知ー"、人工知能学会誌, Vol. 26,482-493 (2012)

 

29.  Toshiyuki Nakagaki: "The interconnected network of tubes constructed by a planar biological network of plasmodial slime mold", J. Phys. Soc. Jpn. 80 (2011) 074801

 

30.  石黒章夫:「真正粘菌・クモヒトデの行動から「生き生きとした」ロボットの構築原理を探る」,学術の動向,2011年4月号(2011)

 

31.  石田秀輝,下村政嗣 監修:「自然にまなぶ! ネイチャー・テクノロジー」にて粘菌型ロボットの研究が紹介される,学研(2011)

 

32.  中垣俊之 文、斉藤俊行 絵、「かしこい単細胞 粘菌」、福音館書店 月刊「たくさんのふしぎ」第332号(2012-11)

 

33.  中垣俊之:" 餌に向かって動く粘菌 ", 少年写真新聞 理科教育ニュース, NO. 866 (2012-Nov-18)

 

34.  中垣俊之:" 知性とは何か 人間と自然のこれからを粘菌に訊く ", 広告, 第53巻2号、通巻389号 ー恋する芸術と科学ー,116-117、博報堂 (2012-Aug)

 

35.  中垣俊之:" 粘菌からのぞく行動知の起源~学際的視点から~ ", 熊楠ワークス, NO. 39, 4-13 (2012-Apr)