CREST│生物ロコモーションに学ぶ大自由度システム制御の新展開

HOME > 研究成果・発表等 > 研究成果 報道等

タイトル

研究成果 報道等

【新聞報道】

中垣俊之: Gray Matter -The wisdom of slime-(by A. Adamatzky and A. Ilachinski), New York Times, SundayReview (May 13, 2012)    
    
中垣俊之:「自然科学の魅力知って 高志高で講演会 粘菌テーマに専門家」福井新聞  9月25日 (2012)    
    
中垣俊之:「笑わせ考えさせる研究 紹介、イグノーベル賞中垣教授、高志高 粘菌の応用語る」日刊 県民福井 9月25日 (2012)    
    
中垣俊之:「科学で子供に感動を」下野新聞, 11月24日 (2012)    
    
中垣俊之:「粘菌でコンピューター進化」中日新聞, 11月25日 (2012)    
    
中垣俊之:「科学学ぶ大切さ 鈴木章氏ら講演」朝日新聞, 12月16日 (2012)    
    
ヘビ型ロボット・クモヒトデ型ロボットの紹介, NHK教育テレビ 大! 天才テレビくん(生き物のようなロボット), 2011年10月26日    
    
中垣俊之:朝日新聞(和歌山版), " 粘菌の知性 200人楽しむ 南方熊楠ゼミナール開催 ", 12月11日 (2011)    
    
中国新聞 2010/10/17 ビバ・キャンパス イグ・ノーベル賞 粘菌の研究で栄誉    
    
聖教新聞 2011/3/17 ヒューマンインタビュー 2度目のイグノーベル賞 単細胞生物・粘菌の知性を研究    
    
大阪歯科保険医新聞 2011/1/1  人間の「知性」に迫る粘菌研究    
    
日本経済新聞 1010/10/30 粘菌,侮れぬ実力    
    
函館新聞 2010/11/16 未来大の中垣教授に市長賞 イグノーベル賞受賞    
    
東京新聞 2010/10/01 イグノーベル賞2度目 粘菌の動きで交通網整備    
    
中日新聞 2010/12/07 研究室発:合理的答え導く単細胞生物    
    
中日新聞 2010/11/15 目耳録 面白いこと    
    
中日新聞 2010/10/17 粘菌が鉄道網を設計 イグノーベル賞って何?    
    
中日新聞 2010/10/01 中垣氏 再びイグノーベル賞    
    
54北海道新聞 2010/11/23 粘菌生活に笑い    
    
北海道新聞 2010/11/16 イグノーベル賞2度受賞 中垣教授に市長賞    
    
北海道新聞 2010/11/05 粘菌と人間 知性の源流を探検する    
    
北海道新聞 2010/10/27 現代かわら版 笑いは地球を救う イグノーベル賞    
    
北海道新聞 2010/10/09 2度目の受賞に笑顔 粘菌研究でイグノーベル賞     
    
北海道新聞 2010/10/01 中垣教授 再び受賞 はこだて未来大 粘菌「知恵」研究で    
    
日本経済新聞 2010/10/30 粘菌侮れぬ実力 生き物共通の謎を追う    
    
日本経済新聞 2010/10/01 粘菌の知恵で鉄道整備    
    
読売新聞 2010/12/09 鈴木先生の灯(中) 知性磨いて世界に挑め    
    
読売新聞 2010/11/20 タイムカプセル 生物学者 中垣俊之さん    
    
読売新聞 2010/10/12 旬のひと 粘菌研究でイグノーベル賞を受賞した公立はこだて未来大教授    
    
毎日新聞 2010/10/14 粘菌の“知恵” 優れたネットワーク    
    
毎日新聞 2010/10/01 イグノーベル賞 鉄道網に「粘菌の知恵」    
    
朝日小学生新聞 2010/10/19 マンガニュース ワカッタくん イグノーベル賞って何?    
    
朝日小学生新聞 2010/10/02 粘菌使って鉄道網設計    
    
朝日新聞 2010/11/20 科学あっちこっち面白い はこだて未来大 中垣教授「粘菌」で2度目のイグノーベル賞    
    
朝日新聞 2010/11/18 オピニオン記者有論 イグの心意気 枠から飛び出した科学に光    
    
朝日新聞 2010/10/01 粘菌またイグノーベル賞    
    
T. Nakagaki et.al.: The Economist, 2010.1.22, A life of slime    
    
T. Nakagaki et.al.: Herald de Paris, 2010.1.22, Engineers ‘can learn from slime’    
    
T. Nakagaki et.al.: BBC News, 2010.22, Engineers ‘can learn from slime’    
    
T. Nakagaki et.al.: CBC News, 2010.1.22, Slime moukd mimics Tokyo’s rail way    
    
小林亮他:中国新聞2010年 1月22日 「通信網整備に粘菌の知恵」    
    
中垣俊之他:山形新聞2010年 1月22日 「粘菌の”知恵”をインフラ整備に」    
    
中垣俊之他:静岡新聞2010年 1月22日 「効率良くネットワーク インフラ整備に参考?」    
    
中垣俊之他:高知新聞2010年 1月22日 「鉄道網整備に粘菌の知恵を」    
    
中垣俊之他:四国新聞2010年 1月22日 「インフラ整備に粘菌の”知恵”を」    
    
中垣俊之他:愛媛新聞2010年 1月22日 「餌求めて伸ばす管 効率的ネット形成」    
    
中垣俊之他:京都新聞2010年 1月22日 「鉄道網、通信網づくりは粘菌にお任せ!!」    
    
中垣俊之他:北海道新聞2010年 1月22日 「効率的な輸送網は粘菌に学べ」    
    
中垣俊之他:中日新聞2010年 1月22日 「鉄道網づくりは粘菌にお任せ」    
    
中垣俊之他:読売新聞2010年 1月22日 「現実そっくり粘菌「鉄道網」」    
    
中垣俊之他:日経新聞2010年 1月22日 「粘菌が描く「路線図」」    
    
中垣俊之他:毎日新聞2010年 1月22日 「粘菌が描く「関東の路線図」」    
    
石黒章夫:福島民報2009年9月9日 「東北大協力の出前講義で学ぶ 学法福島高」    
    
石黒章夫:日経産業新聞2009年9月3日 「ヘビ型ロボット蛇行滑らかに 東北大「関節」ごとに制御」    
    
石黒章夫:河北新報2009年8月15日 「中央集権より分散型 ロボット制御 動き生き生き」    
    
意な粘菌ー同質集まり賢さ実現ー」    
    
手老 篤史、小林 亮、中垣 俊之 : 毎日新聞 2008年11月23日 「単細胞生物なのに迷路が得    
    
手老 篤史、小林 亮、中垣 俊之 : 読売新聞 2008年11月10日 「考える粘菌、迷路で最短ルート、光さける工夫も」    
    
石黒章夫:河北新報 2008年11月8日 「石黒東北大院教授にイグ・ノーベル賞」    
    
手老 篤史、小林 亮、中垣 俊之 : 京都新聞 2008年10月13日 「「パズルを解く粘菌の研究」に対するイグノーベル賞認知科学賞受賞の報道」    
    
中垣 俊之 : 朝日新聞 2008年10月13日 「「ひと」欄にノーベル賞のパロディ「イグノーベル賞」を受けたとして紹介記事掲載」    
    
手老 篤史、小林 亮、中垣 俊之 : 東京新聞 2008年10月12日 「「パズルを解く粘菌の研究」に対するイグノーベル賞認知科学賞受賞の報道」    
    
中垣 俊之 : 北海道新聞 2008年10月10日 「「栄えある?「イグノーベル賞」受賞 「迷路を解く粘菌」って!?」」    
    
中垣 俊之 : 神戸新聞 2008年10月07日 「「パズルを解く粘菌の研究」に対するイグノーベル賞認知科学賞受賞の報道」    
    
中垣 俊之 : 中日新聞 2008年10月07日 「「パズルを解く粘菌の研究」に対するイグノーベル賞認知科学賞受賞の報道」    
    
小林 亮、中垣 俊之、手老 篤史、石黒 章夫、山田 裕康、Toth Agota : 中国新聞 2008年10月04日 「広島大の小林教授、イグ・ノーベル賞 単細胞が迷路解く」    
    
中垣 俊之、小林 亮、手老 篤史: The Japan Times, 2008.10.4, Japanese win Ig Nobel for amoeba study    
    
中垣 俊之、小林 亮、手老 篤史: Telegraph, 2008.10.3, Toshiyuki Nakagaki [centre], of Hokkaido University, and fellow researchers sing their Ig Nobel Prize acceptance speech in three-part harmony , after they were awarded the Cognitive Science Prize    
    
中垣 俊之、小林 亮、手老 篤史: BBC News, 2008.10.3, The Cognitive Science Prize team sing their acceptance speech    
    
中垣 俊之、山田 裕康、小林 亮、手老 篤史、石黒 章夫、Agota Toth : ABC News, 2008.10.2, COGNITIVE SCIENCE: Toshiyuki Nakagaki, Hiroyasu Yamada, Ryo Kobayashi, Atsushi Tero, Akio Ishiguro and Agota Toth for discovering that slime molds can solve puzzles.    
    
中垣 俊之、山田 裕康、小林 亮、手老 篤史、石黒 章夫、Agota Toth : Fox News, 2008.10.2, COGNITIVE SCIENCE: Toshiyuki Nakagaki, Hiroyasu Yamada, Ryo Kobayashi, Atsushi Tero, Akio Ishiguro and Agota Toth for discovering that slime molds can solve puzzles.    
    
中垣 俊之、山田 裕康、小林 亮、手老 篤史、石黒 章夫、Agota Toth : Los Angels Times, 2008.10.2, COGNITIVE SCIENCE: Toshiyuki Nakagaki, Hiroyasu Yamada, Ryo Kobayashi, Atsushi Tero, Akio Ishiguro and Agota Toth for discovering that slime molds can solve puzzles  

 

【TV報道】

中垣 俊之 : NHK総合テレビ爆笑問題の日本の教養 爆問学問140回記念「今夜決定 爆ノーベル賞」( 2011年3月8日 )にて、粘菌の賢さを探る我々の研究が第一回の爆ノーベル賞を受賞した。    
    
NHKクローズアップ現代 2010/12/13    
    
広島ホームテレビ Home Jステーション2010/12/01    
    
TV新広島 TSSスーパーニュース 2010/11/23    
    
フジテレビニュース    
    
フジテレビたけしの新教育白書 2010/11/20    
    
フジテレビたけしの平成教育委員会 2010/11/21    
    
NHKニュースネットワーク北海道 2010/11/15    
    
HBC ニュース1 2010/10/29    
    
NHKニュースネットワーク北海道 2010/10/01    
    
中垣 俊之 : NHK総合テレビ爆笑問題の日本の教養 爆問学問「単細胞は天才なのだ!」 2009年12月15日 30分の番組で粘菌の賢さを探る我々の研究が紹介された。    
    
手老 篤史、小林 亮、中垣 俊之 : フジテレビ「特ダネ」 2008年10月01日 「「パズルを解く粘菌の研究」に対するイグノーベル賞認知科学賞受賞の報道」    
    
中垣 俊之 : NHKラジオ 2008年10月03日 「番組「ラジオ朝一番」にて文化の日にちなんだ話題として「迷路を解く粘菌の研究」として15分ほどインタビュー形式で紹介された。」    
    
中垣 俊之 : テレビ局UHB 2008年10月21日 「夕方のニュースにて「イグノーベル賞と粘菌研究について」報道された。」    
    
小林 亮 : NHK 広島 2008年10月21日 「お好みワイド イグ・ノーベル賞受賞 広島大学・小林教授に聞く」    
    
中垣 俊之 : テレビ局NHK北海道 2008年11月13日 「夕方のニュース「まるごとニュース北海道」にて「イグノーベル賞と粘菌研究について」報道された。」    
    
三枝 徹、手老 篤史、中垣 俊之 : NHK教育TV「サイエンスゼロ」 2008年12月28日 「教育科学番組であるサイエンスゼロでの2008年年間ランキング特集にて、「ゼロのツボ」コーナーで粘菌研究がイグノーベル賞受賞とともに紹介された。」

 

【その他の成果発表】

中垣俊之: Gray Matter -The wisdom of slime-(by A. Adamatzky and A. Ilachinski), New York Times, SundayReview (May 13, 2012)    
    
中垣俊之:「自然科学の魅力知って 高志高で講演会 粘菌テーマに専門家」福井新聞  9月25日 (2012)    
    
中垣俊之:「笑わせ考えさせる研究 紹介、イグノーベル賞中垣教授、高志高 粘菌の応用語る」日刊 県民福井 9月25日 (2012)    
    
中垣俊之:「科学で子供に感動を」下野新聞, 11月24日 (2012)    
    
中垣俊之:「粘菌でコンピューター進化」中日新聞, 11月25日 (2012)    
    
中垣俊之:「科学学ぶ大切さ 鈴木章氏ら講演」朝日新聞, 12月16日 (2012)    
    
Toshiyuki Nakagaki:Introduction to our study on Physarum, Mycophylia -Revelations from the weird world of mushrooms- (written by Eugenia Bone), Rodale-Macmillan, USA p. 51 (2011)
    
Toshiyuki Nakagaki:Networking opportunities, The mathematics of life (written by Ian Stewart), Basic Books, New York, pp. 246-257 (2011)
    
中垣俊之:" 粘菌が迷路を解いた? ", 内田洋行サイエンスカタログ, Vol. 61, pp. 148-149 (2011)
    
中垣俊之:" 粘菌 ネットワークづくりは粘菌に学べ ", アラマタすごい生物図鑑 p. 159 (2011)
    
中垣俊之:" 粘菌ネットワーク ", すごい自然図鑑 pp. 40-41 (2011)
    
中川貴雄、中垣俊之、竹内薫:" 科学放談 環境破壊が今の地球を作った ", 新潮45, Vol. 30(7), pp. 154-165 (July, 2011)
    
小林 亮:2011年4月「四谷学院の最新学部学科がわかる本」で粘菌の研究が紹介された。    
    
中垣俊之、小林 亮:「子供の科学」2010年12月号でイグ・ノーベル賞の記事の中で、研究が紹介された。    
    
石黒 章夫、中垣 俊之、小林 亮 : AXIS 2009年06月01日 「未来技術報告第20回、「生物の知性の仕組みを解き明かす粘菌ロボットは創発するか」、Pp. 118-122, Vol. 139」    
    
New Scientist 2009年07月01日 “「Memristor minds: The future of artificial intelligence」(By Justin Mullins)という記事の中で、粘菌のパズルを解く計算能力や時間記憶能について、memristor素子を用いた電子回路による実装との関連で紹介された。”    
    
中垣 俊之、小林 亮 : インターネットサイトNature asia pacific 2008年12月01日 「インターネットサイトNature asia pacificにて特集記事「脳や神経を持たない粘菌の情報処理能力を探る」として紹介された。」    
    
T. Nakagaki : NATURE 2008年10月09日 “NEWS欄にてイグノーベル賞記事のなかで紹介された”    
    
中垣 俊之 : 現代科学 2008年12月01日 「12月号に「迷路を解く粘菌がイグノーベル賞に」という紹介記事」    
    
中垣 俊之 : YOZEMI JOURNAL 2008年12月10日 「予備校代ゼミの発行する雑誌の研究室探訪欄で「数理生物学」として我々の研究室が紹介された」    
    
中垣 俊之 : 北方ジャーナル 2009年01月01日 「クローズアップ欄にて「迷路を解く粘菌の研究でイグノーベル賞受賞」」    
    
中垣 俊之 : クオリティ 2009年01月01日 「各界リーダー10人に一問一答コーナーで「単細胞生物の能力を応用してカーナビやロボットを作りたい」として紹介された」    
    
中垣 俊之 : JST News 2009年01月01日 「「ようこそ研究室へ」欄にて「単細胞生物「粘菌」から生物の賢さを学ぶ」として紹介された」    
    
A. Tero, R. Kobayashi and T. Nakagaki : DISCOVER -Science, Technology and The Future- 2009年01月01日 “1月号にて100 TOP science stories of 2008という特集が組まれ、我々の粘菌研究が「Slime molds show primitive smarts」として71位にランクイン”    
    
Y. Kuramoto, A. Tero, H. Yamada, A. To'th, T. Saigusa and T. Nakagaki : The American Scholar 2009年04月01日 “Vol. 78, No. 2, p. 15にて, Smarter than dirtという記事で我々の単細胞の情報処理研究、特にパズルを解くことと時間記憶があるということが紹介された。”